冬の登校見守りはしんどい

子どもの学校の登校見守り当番が回ってきたので、朝早く横断歩道脇で横断旗を持って見守り活動してきました。
実は今までこの寒い時期に当番が回ってきたことがありませんでした。

今回が初めてです。
冬の朝は想像を超えた寒さでしんどかったです。20分ぐらい立ち続けているだけでしたからね。

手袋をしていたにも関わらず、手先が凍ったように冷たくなりヒリヒリしてきてしまいました。
こんな寒い中を児童たちは毎日登校しているんだなあ、偉いなあと思いました。

子どもたちの安全のためなので、寒くて大変でしたが自動車の交通状況など危険がないか確認しながらなんとか見守り活動の任務を遂行。
こういう保護者の活動を嫌がる人も多いですが、子どもの様子を見られる貴重な活動なので必要なことだと思います。

Published by