ひざ下脱毛の範囲はどこからどこまで?

エステやクリニックでの、脱毛の施術というのは、全身を細かいパーツに分けて行っていきます。
足の場合、ひざ上、ひざ、ひざ下、足の甲と指という4つのパーツに分かれる事が一般的です。
足の甲と指は、セットになっている事が一般的ですが、別々になっている事もあります。

この中で、ひざ下と呼ばれる部位の範囲は、ひざの下から足首の辺りまでとなります。
制服等で、ひざまで隠れるスカートを着用する機会が多い人は、この範囲だけ施術を受けておく事で、いつでも綺麗にスカートを着こなす事が出来ます。

ただ、ひざ下はひざから上は全く含まれていない為、ひざ上のスカートを着用する場合、ひざより上は自己処理をする必要があります。
ですが、脱毛が完了したひざ下と、自己処理を行うひざから上では、肌の状態や見た目の印象が大きく変わってしまう事があります。
ですから、足の施術を受ける場合は、最初から足全体の施術を考えておく事がお勧めです。

それにより、ひざ丈よりも短いスカートや、大きく足を露出するファッションを選んだ時にムダ毛の心配をする必要がなくなります。
更に、複数の部位をまとめて脱毛しておく事で、施術に必要な期間の節約にも繋がります。
日常の服装によっては、ひざ下のみで良いと考えてしまう人も少なくありませんが、足は、足全体の脱毛を考えておく事がお勧めです。

Published by